一般的な家庭の、一般的なサラリーマンである私は、おそらく世の中のお父さんのおこづかいよりもかなり少ないと思います。

毎月のおこづかいは2万円で、毎日弁当とはいうものの、飲み会などがあると急に厳しい財政となってしまうのです。

それでも少しでも貯蓄をしたいと考えていた私は、やはりまずは無駄な出費を減らそうと考えました。

そこで取り入れようと思ったのがお小遣い帳です。

昔はエクセルやメモなどでやろうとしたのですが、案の定続きませんでした。

そこで新たに取り入れて、継続できているのがお小遣いアプリです。

常に携帯しているスマホのアプリだと、レジでお金を使う段階ですぐに何でも入力できるので、入力し忘れがありません。

また細かくカテゴリーを分類できるし、クレジットカードを使った出費も分けることができるので、集計や管理もわかりやすいのです。

そして分析ができるので、遊びやおやつなど無駄遣いを月にどれだけしているのか、すぐにわかるのです。

もちろん無駄を0円にするのが理想ですが、そうすると続きません。

無駄に使っていることを知ることで、その量を減らし、少しでも貯金をする。

そのスタイルで続けるためのポイントがアプリで、おかげさまで少しずつですが貯金できています。