一ヶ月のやりくりで先取り貯金をするのはお金を貯める上で基本的なことですが、それとは別に残し貯金ができるともっとお金をたくさん貯める事ができます。

生活費を一週間ごとに分けて五週間分作り、あとはその予算内で生活をすればよいだけなので簡単です。

もちろんその予算はすべて使っても良いのですが、少し頑張って余らせる事ができたらその分は可愛い缶などに入れて貯めておきます。

するとだんだん余らせるのがゲーム感覚で楽しくなり自分なりに工夫するようになってくると思います。

そして缶の中がある程度貯まったら銀行に預けてしまいます。

銀行に貯金しなくても急な出費用にしたり子供の急な集金用にとっておいたりしても貯金のペースがくずれなくて良いと思います。

その他にも頂いた物や買わなくて済んだものなど、本当はお金が出たであろう物の金額も「買ったつもり貯金」として同じ缶に生活費から移しておきます。

少しの金額ですがやるとやらないのでは大きな違いです。

缶の中を早くいっぱいにしたくて無駄遣いも減るようになります。

五週目の生活費は日数が少ないのでよりたくさん残ると思います。

これも貯金しても良いですし一ヶ月の頑張りと家族のお楽しみとして外食などに使ってもメリハリがついてまた来月も頑張ろうという気になれると思います。