毎月コツコツ貯金用の通帳に先取りで入金するという方法が貯金の王道というのは重々承知ですが、日々の生活がギリギリな状態では先取り貯金分なんて余分なお金は出ないというのが悲しい現実です。

とはいえ、全く何もしないのは不安です。

微々たるお金でもいいのでいくらかは・・・と貯金箱に小銭を入れることも1年近く続けましたが、やはり足りない時に甘えてしまってついつい使ってしまいます。

そこで、目をつけたのが家賃の引き落とし専用口座の存在です。

私がメインで使っている銀行とは違う銀行なので家賃分だけを毎月入金しているだけに使っている通帳があります。

それに家賃+1000円を入れるようにしているだけです。

手数料が27円なので973円は貯金できるわけです。

1年で11676円貯まりますのでなかなかいい貯金方法だと思っています。

負担を感じるとストレスですが、1000円くらいならまあ何とかなる金額ですしこれはずっと続けていこうと思っていますね。

微々たるものかもしれないけれど、家の貯金箱に入れるよりは利子がついて少しは増えるしとそういう気持ちでいます。

引き落とし専用にしか使っていないというのがポイントかもしれません。

入金、出金とどちらもある通帳ですと管理があいまいになりますが、引き落とし専用ということは私自身は入金しかしないので後は何もしません。

もちろん、お金に余裕がある月は2000円でも1万円でも多く入金したいと思っています。